2015年10月20日火曜日

10.18 233

233でのランチを辞めると決めてから、
始めた時のことや今までのこと、
振り返るようになりました。

「233でいなりのイベントしてみたら?」と話をいただいて伺った時に、
時間があったので、周辺をぶらぶらして近くの厳島神社に行きました。
たしかその時、「ご縁があるならご縁を下さい」みたいなことを思いながらお参りしたように思います。

その後すぐに茶人の涼子さんとの「いなり茶会」が決まって、
それが厳島神社の秋祭りの日で、
その日に月1ランチをすることも決まった。
見えない力を信じずにはいられない縁。
改めて御礼参り。



通うたびに233はどんどん変化していきました。
そのたび「カフェっぽくなってる」と合言葉のように言い合って…

志あるスタッフの元、
活気のあるカフェに…
最後も本当にいそがしい1日でした。

ここでも、店は人が作るという事を目の当たりにし、
毎月刺激をもらいに行っていたように思います。

やっぱり最後な気がしなくて、
来月もうっかり行ってしまいそうな気持ちです。
また何か違う形で繋がって行けたらと思っています。

233で豆椿と出逢っていただいた皆さま、繋いでくれた方々、
ありがとうございました。



古代米いなり
季節のいなり(すだち)
さつまいもと青のり団子の吸い物
北坂さんの玉子焼き
いちぢくと大根の和えもの
淡路産しいたけと長ねぎのバルサミコ炒め
ほうじ茶(椿堂茶舗 伏見)



前夜、閉店後のお店で仕込む時間が大好きでした。



ありがとうございました。


0 件のコメント:

コメントを投稿