2015年8月14日金曜日

「センスが良い」はさりげない。

奈良の秋篠の森に行ってきました。
ずっとずっと行きたかった場所。


置かれている山野草の配置まで素敵。
暮らしのヒントにあふれていて、
心のメモを取ってばかり…



念願のなず菜での食事。
辛味、酸味、甘味、鹹味、苦味…
ひと皿に色んな味がするのに、
口の中では1つにまとまる。
食材がそれぞれ生き生きしている。





食べ終わった時、
心の奥から喉を伝って
「美味しい」が
湧き上がってきました。
身体も喜んでいて、
こんな「美味しい」を求む。

次は冬に、夜に、泊まりで…
憧れを持ち続けれる場所。



そして、たかばたけ茶論に…
映画のセットみたいで、
建物も置いてあるものも、
佇まいに惚れ惚れ。
お隣りの志賀直哉旧居にも、
こちらも惚れ惚れ。




雲行きがあやしくなって、
真っ白になるほどの夕立ち。
鹿さんたちもウンザリ顔で雨宿り。






雨が小降りになったので、
足早に二月堂に、
夕暮れに間に合うように。

昔、奈良に住む友人から聞いた
二月堂から見る夕日の話を
思い出して…



刻々とかわる空を、
黙々とみている人たち、
今は今しかないと認識させられる。
二月堂だけが他から切り離されたような不思議な空間になっていた。

奈良観光のオススメと聞かれたら、
私もここを勧めてしまいそう。



燈花会も見れました。
水辺の反射がキレイでした。

満喫の夏休み。
細胞まで喜んだ1日。







8月16日は淡路島の233でのランチです。
いなりちらしにひと品、赤出汁、ほうじ茶…
今回のひと品は、桃と実山椒の寒天寄せです。







0 件のコメント:

コメントを投稿