2015年6月1日月曜日

5.30 けんちくの種

暑い日でしたが、
ガラスの器に囲まれて、涼しげな1日。
お越し下さりありがとうございました。
心に残る言葉をたくさんいただけた日になりました。


「新緑の風」
抹茶かん
新茶かん
紫蘇白玉団子
小豆
檸檬シロップ





寒天を使うと、
高田郁さんの「銀二貫」を思い出してしまいます。
幼くして親を亡くした武士の子が、
卸寒天屋で商人として生きていくお話。(ざっくりですが…)



高田さんとの出会いは「みをつくし料理帖」
水害で両親を亡くした少女が、
料理と向き合いながら、人として成長して行くお話。(またもやざっくり…)
主人公の澪ちゃんの料理に対する姿勢にいつも心が動かされ、刺激を受ける
ずっと側に置いておきたい、御守りのような本。


最終話出版時のサイン会に行った親がもらってきてくれたもの。
たからものです。

寒天のおかげで、久しぶりに読みたくなりました。


6月の予定は追って報告致します。

0 件のコメント:

コメントを投稿