2015年5月28日木曜日

美味しいとおいしいがあると思う。

「料理の美味しさは食材の切り方にあると思うのです。」

暮らしの手帖76
深澤直人さんの連載
暮らしのデザインは
こんな文章からはじまるのです。

私の気持ちを代弁してくれているかのようで、
目の前でしゃべっている深澤さんに
相槌を打つような気持ちで読んでしまいました。


私も子供のころ、
料理番組を観るのが好きでした。
知識を得たいからでなく、
その過程を観ているのが好きで、
番組を楽しみに待っているのに、
はじまったら気持ちよくて、
テレビの前でうとうと寝てしまう。
起きたら終わっていて、
毎回ショックを受けるのですが、
その眠りが気持ち良いのです。

うるさかったり、
癒されない先生の時の
落胆ぶりったら…


料理をするようになってからは、
野菜を切っている時が
料理番組を観ていた時のよう、
切るものに対しての
力の入れ方や包丁の持ち方、
ストレスなく切れる瞬間がある。
それを探るのが何とも楽しい。

そんな瞬間に出合えたら、
野菜たちも喜んでいるみたいで、
切った後も美しく並んでいるのです。
滅多斬りにされるのだから、
せめて、気持ちよく美しく斬ってやりたいと思う。





30日(土)は箕面のけんちくの種(http://tane-design.jp/)。
早﨑さんの器であまいもの、
「新緑の風」をお届けします。

0 件のコメント:

コメントを投稿